デザインイベント運営会社の分野の違い

Visia – イベント運営とデザインについて
Home » デザインイベントの運営 » デザインイベント運営会社の分野の違い
デザインイベントの運営 | 10月15日更新

デザインイベント運営会社の分野の違い

デザインイベントを企画・運営するに当たって、様々な観点からみるといろいろな課題が発生することもあります。
そのような場合には、どのポイントに課題があるかを整理して、困っているポイントによって相談するイベント運営会社を選ぶと良いです。
そうすれば、より良い情報や知見が手に入りますし、実際にデザインイベント運営の仕事を依頼する際にも話が早くなります。
その為にもイベント会社の分野の違いについて、ある程度理解しておくことも大事です。

イベント会社の分野には企画・制作・運営の3つがあります。
企画を立案するには、なぜイベントを開催するのかという部分を掘り下げる必要があって、アンケートや市場分析を実施・調査などして、それらを考慮してテーマを決定するのです。
そのテーマに基にプログラムやコンテンツを検討する領域が企画分野で、イベントをどのように作れば良いのかといったお悩みを抱えている場合は、この企画領域に課題があります。

デザインイベントでやりたいことが決定している段階で必要になるのが、イベントをどう作っていくかといった準備で、当日に向けた準備の領域が制作分野です。
具体的には、イベント本番で成功させるための体制作り、組織編成・スケジュール計画・関係してくる業者調整・指示出し・交渉・発注など様々な業務があります。
イベントを実現するには何をどうしたら良いのかといった悩みがある方は制作領域に課題があるのです。

デザインイベント当日のスタッフオペレーションに関係する分野が運営分野で、作成した組織図に沿って必要な人員を調達して、スケジュールに合わせた役割を振り分けします。
イベント実行するのに人手が足りないとか、現場をサポートしてほしいといった悩みがある場合は運営領域に課題があるのです。

このように、イベント会社の専門分野には企画・制作・運営がありますが、明確に100%企画しか受託しない会社、100%制作領域しか対応しない会社というのはほとんど存在しません。
しかし、イベント会社の中でも企画領域が得意なので、それに注力して制作・運営については外注するという会社もあるのです。
また企画分野よりも制作・運営・オペレーション能力に強みを持つといったイベント会社も存在して、各イベント会社の強みはそれぞれちがいがあります。
ですから、イベント会社によって得意・不得意分野があることを念頭において、各イベント会社がどの領域の業務が得意なのかを見極めて相談や問い合わせすることが大事です。

top