デザインイベント運営のボランティア

Visia – イベント運営とデザインについて
Home » デザインイベントの運営 » デザインイベント運営のボランティア
デザインイベントの運営 | 10月15日更新

デザインイベント運営のボランティア

デザインイベントを含め様々な催し物というものは、決してひとりでは作り上げることはできないもので、数多くの方々にサポートしていただき初めて開催できるものです。
その為、受付・誘導・設営・撤去などの業務においては、ボランティアスタッフを導入するケースもあります。
その時には、募集内容・募集人数・活動期間・活動場所・活動内容・説明会の日程・募集条件・応募期間・待遇・応募方法・注意事項などを明記して、ボランティアスタッフを募集することになるのです。

しかし、単に必要なボランティアスタッフを集めて、デザインイベントのスタッフとして導入すれば良いというものではありません。
一緒に喜んでデザインイベントの現場に入ってもらうためには、ボランティアスタッフのモチベーションを高めるなど、様々なことを心がけることも大切になるのです。

では、具体的にどのようなことを心がけると良いのかというと、そのひとつとしては事前にこまめな連絡を取るというのがあります。
当日の必要な持ち物や集合時間など業務的な連絡をするのはもちろんのこと、可能なら一度イベント前に直接会って話すことも大切です。
何か不安に感じていることはあるのか、事前に準備しておくものはあるのか、何を楽しみにして参加したいのかなどを、聞くことによってモチベーションの向上にもなります。
また、事前に合って話すことによりその人の得意としている分野を知ることもできるため、適性に合った業務を各ボランティアスタッフにお願いすることができるのです。

ボランティアスタッフとして参加してくれた方に、オリジナルTシャツ配布・昼食や飲み物の支給などといった特典をつけて、価値を提供するのもモチベーションの向上につながります。
特にボランティア同士での交流や参加者との繋がりが増えることはボランティアスタッフとして参加することの魅力です。
その為、イベントのコミュニティに参加できることが大きな価値提供になるので、ボランティア募集の際に特典を明記しておくと良いでしょう。

それから忘れずに行っておきたいことはデザインイベント後のフォローアップの連絡で、それにより良好な関係性を保つことができるのです。
また可能なら簡単なアンケートやインタビューを実施して、成功点や改善点といったフィードバックを共有できると次回以降の参考になります。
フォローアップすることで感謝を伝えられますし、今後のイベントで協力してもらう際もお願いしやすくなるので、できる限り実施することを心がけると良いです。

top