デザインイベントの集客のポイント

Visia – イベント運営とデザインについて
Home » デザインイベントの運営 » デザインイベントの集客のポイント
デザインイベントの運営 | 10月15日更新

デザインイベントの集客のポイント

デザインイベントの企画・運営する際には、会場手配・スケジュールやプログラム作成・顧客アンケート用紙の作成など、細かな作業や手配など準備作業が多くあります。
このような多忙な準備段階で、集客にかける時間がない、アプローチ方法がわからない、効果的な集客方法がわからないなど、様々な不安を抱えてしまうこともあるのです。
しかし効果的かつ効率的な集客方法を知っておくと、そうした不安も少しは軽減することができます。

効果的で効率的なデザインイベントの集客をするためには、人を介したアプローチ手法のオフライン集客と、インターネットを介したアプローチ手法のオンライン集客の2つの軸が大切です。
デザインイベントのオフライン集客の具体的な手法としては、ダイレクトメール・FAX・電話アポイント・チラシ作成・訪問による宣伝・知人の紹介などがあります。
顧客へ直接的にアプローチをかける手法で、人から人へと宣伝をしていくので比較的コストを抑えることができるのです。
ただ手間と労力はかかるので、人手と時間に余裕のある場合の手法になります。

一方オンライン集客はインターネットのコンテンツを駆使した多岐に渡って宣伝をしていく手法です。
Twitter・Facebook・InstagramなどのSNSを活用した集客は、見込客を見出せる可能性が高いですし、ユーザーへ拡散といった効果も期待できます。
こうしたオンライン集客は、気軽にはじめられますし実践してから結果が出るまでのスピードがはやくて、選択肢が多いことからコストコントロールもしやすいという魅力もあるのです。
ターゲットの絞り込みや潜在顧客の開拓に有効で効率的なデザインイベントの集客に貢献すると考えられます。

こうしたオンライン・オフライン集客で告知をすることの有効性が理解できて、上手く情報を届けることができても、集客ターゲットに興味を持たなければ意味がないです。
デザインイベントの集客ターゲットを惹きつけるには戦略性をもったアプローチが重要になりますし、告知するタイミングでアプローチ方法を変えることも有効になります。
また興味関心を誘導するためのキャッチフレーズも大事で、一目見て心に訴えるようなキャッチフレーズは集客にとって大切な役割を担うものです。
このように諸条件のトータルバランスの考慮は欠かせないことで、告知のタイミング・開催条件・一目で伝わる印象などのトータルバランスを考えて、効果的で効率的なデザインイベントの集客を実践していきましょう。

イベントポスター 制作 について

top